フレームワーク

EclipseでSpringBootを使うための環境構築

フレームワーク

SpringBoot

Javaのフレームワークで、最近の流行りとしてSpringBootが挙げられます。

引用元:https://trends.google.co.jp/

SpringBootとは、Spring Frameworkに様々な機能を組み込んだフレームワークです。
JavaのフレームワークとしてStrutsと呼ばれるフレームワークもありますが、 Strutsと比較して導入が容易に行うことができます。後述しますが、現在のEclipseにはSpringBootのプロジェクトがすぐに始められるように設定されています。

Eclipse

Javaの開発で良く使われるIDEです。コードの補完やエラー表示など、機能が盛りだくさんです。ただし、機能が多いため、マシンスペックによっては動作が遅くなりやすいです。
また、Javaだけでなく、C/C++/PHP/Pythonなど、様々な言語開発での利用が可能です。

Eclipseのダウンロード

Eclipseのダウンロードページへアクセスします。

Eclipse 日本語化 | MergeDoc Project

いくつかバージョンが用意されています。
特に指定がなければ、最新版を選択します。

使用したいEclipseを選択します。
基本的には、「Full Edition」を選ぶ様にしてください。
PCが高スペックの場合は「Ultimate」、低スペックの場合は「Java」をダウンロードすると良いです。
今回は、JavaのFullEditionをダウンロードします。

リンクをクリックでダウンロードが始まります。

Eclipseのダウンロードは完了です。

Eclipseのインストール

ダウンロードが完了すると、「pleiades~」というzipファイルがダウンロードフォルダにあると思います。
任意の場所へファイルを移動させます。
今回は、「C:¥Opt」フォルダを作成し、その中へ移動させました。

このzipファイルを展開すれば良いのですが、そのまま展開しようとしてもエラーになります。
「7-Zip」というツールを用いると、正常に展開することができます。

7-Zipのダウンロードとインストール

7-Zipのダウンロードページへアクセスして、自分の環境に合った方をダウンロードします。
https://sevenzip.osdn.jp/

ダウンロードしたexeファイルを起動すると、インストーラーが起動します。
「install」を押下で、インストールが実行されます。

「Close」を押下して、インストール完了です。

Eclipseの展開

7-Zipをインストールしたら、zipファイルを展開します。
zipファイルを右クリックして「7-Zip > ここに展開」を押下します。

展開が完了すると、「pleiades」というフォルダが作成されます。

これでEclipseのインストールは完了です。

Eclipseの起動

Eclipseを起動させてみます。
pleiadesフォルダ内にeclipseフォルダがあるので、そこへ移動します。
「eclipse.exe」ファイルを起動させます。

プログラミングしたファイルを保存するためのワークスペースを選択します。
基本的にデフォルトの「workspace」で問題ありません。

正常に起動すると、以下の画面が表示されます。

SpringBootの使用

Eclipseの中には、既にSpringBootが入っています。
SpringBootを使って「HelloWorld」を表示させます。

Spring Bootプロジェクト作成

まずは、SpringBootのプロジェクトを作成します。

左上のファイルから「新規 > その他」を選択します。

「Spring Boot > Springスターター・プロジェクト」を選択して、「次へ」行きます。

Springスターター・プロジェクトが開かれるので、何も変更せず「次へ」行きます。

テンプレート・エンジンを「Thymeleaf」、Webを「Spring Web」にそれぞれチェックを入れ、完了を押下でプロジェクト作成完了です。

HTML作成

「src/main/resources」フォルダのtemplateを選択して、キーボードで「Ctrl + N」を押します。
「Web」から「HTMLファイル」を選択して「次へ」を押下します。

ファイル名を「NewFile.html」から「hello.html」に変更して完了を押下します。

作成された、「hello.html」を以下に修正します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>Insert title here</title>
</head>
<body>
  <h1 th:text="${value}"></h1>
</body>
</html>


Javaパッケージ作成

「com.example.demo」にパッケージを作成します。
「com.example.demo」を右クリックして「新規 > パッケージ」を選択します。

名前を「com.example.demo.controller」に変更して、完了を押下します。

以下の様にパッケージが作成されます。

Javaクラス作成

controllerパッケージを選択して、「新規 > クラス」を選択します。

名前に「HelloController」を入力して、完了を押下します。

HelloController.javaが作成されるので、以下内容へ修正します。

package com.example.demo.controller;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.ui.Model;
import org.springframework.web.bind.annotation.GetMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;

@RequestMapping("hello/*")
@Controller
public class HelloController {
  @GetMapping("world")
  public String open(Model model) {
    String str = "Hello World";
    model.addAttribute("value", str);
    return "hello";
  }
}

実行

プロジェクトを右クリックして、「実行 > Spring Boot アプリケーション」を選択します。

正常に起動できたら、コンソールに以下のログが流れます。

ブラウザを起動して、「http://localhost:8080/hello/world」へアクセスします。
実行結果が表示されるはずです。

実行結果の確認ができたら、Stopボタンで停止させます。

まとめ

このようにSpringBootは簡単に導入、実行が可能です。細かい箇所の説明は次回行いますが、コードを比較的書く必要がなく、システムの構築を行うことができます。
次回は画面へ表示させる内容を変更してみます。

タイトルとURLをコピーしました